造船職人の足元を守り、​役目を終えた足場板に未来を願う。

瀬戸内造船家具は、愛媛県今治市の地場産業である造船業から生まれた、サスティナブル・ブランドです。

世界を往来する船を造るこの町では、これまで何千・何万トンという造船古材が廃棄、焼却処分されてきました。

私たちは「造船古材を未来のために」という理念のもと、廃棄処分されてきた古材に「瀬戸内造船家具」という新しい役割を与え、流通させることで循環社会に貢献します。

造船業と所縁の深い鉄(黒皮鉄)と組み合わせ、テーブルに生まれ変わった足場板は、第二の人生で、人と人の対話を渡します。

 

瀬戸内造船家具で使用している木材について

「瀬戸内造船家具」は、船を建造する過程で職人たちの命を守る足場板として活用され、その役目を終えた木材を再活用しています。

造船所の足場板は、これまで市場にはあまり流通せず、焼却処分されてきた、国産の杉板で、板の厚みは50mmあり、重厚感があるのが特徴です。

 

瀬戸内造船家具ではパートナーを募集しています。

「瀬戸内造船家具」は、2020年1月に造船会社、建設会社、PR会社の異業種3社の有志で立ち上げたアップサイクルブランドです。

現在、古材の供給元、アップサイクル製品の作り手を募集しています。 詳しくは、ブランド運営担当のオズマピーアールまでお問合せ下さい。