学研プラス『すごいゴミのはなし ゴミ清掃員、10年間やってみた。』で紹介

「瀬戸内造船家具」は、株式会社 学研プラスが6月30日(木)に発売した、児童書『すごいゴミのはなし ゴミ清掃員、10年間やってみた。』で紹介されました。

著者の滝沢秀一 氏は、お笑いコンビ「マシンガンズ」として活動しながら、ゴミ問題の啓発を行い、すでに10冊以上の書籍を発刊しています。2020年には、環境省サステナビリティ広報大使にも任命されており、そんな滝沢さんの、およそ10年にわたるゴミ清掃員としての活動やメッセージを、若い読者向けにまとめた書籍が『すごいゴミのはなし ゴミ清掃員、10年間やってみた。』です。

「環境問題」というと硬く思われがちなテーマを、軽妙な一人称による語り口や、現場エピソード、さらに豊富なコラムや4コマ漫画などによって、多くの小学生読者が楽しく読むことのできる一冊となっています。

とても身近でありながら、捨てたその先にどのような世界が広がっているのか、大人でもなかなか知らない「ゴミの世界」。

本書では「土の入った電子レンジ」などの謎のゴミの回収エピソードから、「ゴミがくさいのは水分をふくんでいるから」「日本の最終処分場の寿命はあと20年ほど」など、ゴミに関する雑学やその問題、そして想像することの大切さを知る事ができます。瀬戸内造船家具は、本書の中で「アップサイクルで大へんしん!」というコーナーで紹介されています。